アヤナス通販 究極の洗顔方法【汚れ落としも洗顔も】

スキンアップ リキッドクレンズ

素肌をリセットして後から行う敏感肌用リキッドクレンジングはスキンケア効果を高めるためのクレンジングで、ちゃんとした基本の肌の土台を作ります。そのために使うのはスキンアップ リキッドクレンズSKIN UP LIQUID CLEANSE(120mL 約1.5~2ヵ月)。定期会員価格(税込)は税込みで 2,430円
これは潤い成分を配合したリキッドが肌の上で優しい油に変化します。そしてあなたのメイクをやさしくしっかり包み込んでオフ。スルスルとした透明感のある肌に整えるリキッドクレンジングです。

水のように肌になじんで、さっと化粧を浮かせてなめらかな肌にします。敏感肌をいたわって古い角層を柔らかくしてくれます。洗いあがりはツルンと滑らか。
肌に優しいのにしっかり落ちる驚異のクレンジング力がスキンアップ リキッドクレンズ。

ポイントはリキッドで潤いを閉じ込めるという考え方です。
保湿力の優れた油を保湿成分でてきたウォータージェルで包み込んでいます。
これがお肌と指や手のひらとの緩衝材となるので、肌に刺激や負担を与えずゆっくり馴染ませるだけで中のエイジングケア。
力を入れずになじませるだけで汚れだけを巻き込んでいきます。そしてリキッドに入っているトウキエキスやコウキエキス、ゲンンオショウコエキスのヒアルロン酸などはそのまま肌へ浸透。汚れは切り落ちても潤沿いあふれるどりした優しい洗い上がりになります。

角層や化粧品などの汚れを洗い落とした後はリキッドに入っている保湿成分と角質層を柔らかくするラフィノースが肌にグングン染み込んでいきます。しっとりとした柔らかい肌にするとともに、保湿ケア有効成分の浸透率を高めてアンチエイジング対策を行います。

使い方は簡単です。手に2~3プッシュ程度を取り、両手を揉みあわせ手のひら全体に広げて暖めます。

洗顔の基本である顔の内側から外側に向かって、両手を滑らせてクレンジングジェルを広げます。鼻筋から上に上がり額を通って、フェイススラインに沿ってお顔全体にクレンジングを広げます。

力の入らない小指や薬指の指の腹を使って肌に過度の刺激を与えないよう小鼻の脇から耳に向かうなど中心から外側に向かってなじませて行きます。

フッとリキッドの滑りが軽くなって、メイクが浮き上がってきたら洗い流して良いタイミングです。

水かぬるま湯を少しずつ加えて、ジェルを白くなるように乳化させて汚れを浮き上がらせます。それから洗い流すのです。

この洗い流しは7回程度。しっとりした潤が残る感じが良いでしょう。

濡れた手でも、マツエクもOKなのが嬉しいですね。

そしてなじませてすぐに洗い流すのではなく、ぬるま湯や水を加えてしっかり汚れを浮き上がらせてから洗うこと。ささっと流そうとするとしっかり洗い流せないことがあります。

スキンアップ クリームウォッシュ

スキンアップ クリームウォッシュSKIN UP CREAM WASHは敏感肌用の洗顔フォームです。モチモチとしたきめの細かい泡が、マイナスイオンの力で汚れを着けて洗い流します。
ざらつきがちだったり、きめが乱れてしまいがちなお肌を優しく包む、敏感肌用洗顔フォームです。

たっぷりな泡が毛穴の奥の汚れまでしっかりと吸着して落とします。

肌をいたわりながら古い角質層を柔らかくして、肌そのものを柔らかく整えてくれます。

洗顔のあとは化粧水ですがそういったスキンケア効果を十分に高める保湿力のある洗顔フォームがスキンアップ クリームウォッシュです。たっぷりな泡で肌をやさしく包み込み角質層の古い部分を吸着して洗うことができます。ゴシゴシ洗う必要はありません。げんのしょうこえきすのヒアルロン酸、コラーゲンの際せ意を促進するフラボステロンなど美容成分が配合されているので、洗顔なのにみずみずしい洗い上がりです。
この洗顔フォームは少量の水でたっぷりと泡立ちます。密度が細かい泡が肌をしっかり包み込み毛穴の奥の汚れも吸着するのが特徴です。
洗顔フォームが少しで洗えるので、皮膚の刺激や負担もかなり少なくなります。コスパもいいですね!

洗顔フォームの泡表面に特殊な膜を張っています。そのため洗顔フォームを直に肌に触れさせないので敏感肌がちゃんと守られるのです。

角層を柔らかくする ラフィノースが配合されています。そのため古い角質を柔らかくしローションやクリームを浸透しやすくできるのです。

使い方は一般的な洗顔フォームと変わりありません。まず顔と手のひらをぬるま湯できちんと濡らしておきましょう。クレンジングも濡れたてで大丈夫ですが、洗顔の場合も、モチロン濡らさなくてはいけません。

洗顔フォームもぬるま湯で濡らして手のひらでくるくるところ介転がしてから、ぬるま湯を少しずつ加えてレモン1個分くらいのようになるまでしっかり泡立てます。泡立てネットを使ってもいいですね。

T-ZONEなど皮脂が多い部分から泡を乗せて顔全体に広げていきましょう。泡の弾力を十分に生かし指や手のひらを顔の皮膚に直接つけず泡を間に挟むようにして優しく丁寧に洗うことが大切です。

その後ぬるま湯で十分にすすぎましょう。仕上げに水をパシャパシャとかけると引き締まる感じがします。

その後ローションをつけてください。髪の毛の生え際やフェイスラインなども光と洗い流しましょう。すすぎ残しがないよう注意してください。