ディセンシアが目指した美肌コスメ

ディセンシアが目指した美肌コスメについて考えました。

怪我をしてから治すのは、遅いのではないでしょうか。特に大人の敏感肌には手遅れになってしまいます。

敏感肌の悩みはなかなか尽きないのが現状です。そこでディセンシアでは、
・肌を積極的に作り上げていく成分と
・肌の悪化する原因を防いでいく成分と

この2つを同時に行える攻防一体タイプの化粧品を考えました。肌を守ることと、つくることを同時に実現するもの。効果までの期間が短く効率的に角層改善が期待できて美肌を育てることができる化粧品です。

そもそも悪化の原因であるアレルギーなどの刺激を止めた上でセラミドを含む美肌成分でより積極的に角層回復を行っていきます。

さらにアンチエイジングの成分や美白成分を追加することで最も効果的に美肌へ導くことができるのです。敏感肌と言うお肌の負のスパイラルを正のスパイラルに変えて潤う素肌になっていく設計となっています。

この攻防一体を実現するためにディセンシアがポーラ化粧品で開発したのがヴァイタサイクルベールという美肌コスメの成分。これは刺激物質の侵入を防ぐとともに角層の修復を同時に行います。

構造は、美肌効果の高い泥で有名なベントナイトの粉体が角層バリア膜を均一に覆います。このバリア膜が他社には無い肝心要の部分!

アレルゲンの外部刺激を徹底的にブロックします。肌に触れさせません。

セラミドナノスフィアここにディセンシア独自のセラミドナノスフィアを配合しています。実は敏感肌の人は本当は少ないのです。後天的に敏感肌になってしまった人の肌を守るために配合された成分です。

人と同じ構造を持った人型セラミドを配合し、それをナノサイズのカプセルにしました。カプセルの中に人型セラミドと美肌成分を借り詰め込んでいるのが特徴です。

このカプセルが肌に触れ、ほどけるごとにセラミドを補給します。

美肌成分も角層の奥まで浸透、補給していきます。セラミドナノスフィアと一般的なセラミドの浸透力は全く違います。

セラミドは本来、互いにくっ付きやすい性質があります。ですからかなりの浸透は難しいのです。セラミドナノスフィアは角層の奥まで浸透することができます。

ヴァイタサイクルベールは炎症抑制効果があります。また水分蒸散量が少なく高い保湿力があることが検証の結果わかりました。

さらに3週間ディセンシアを使った結果角層の回復を確認することができました。30代で乾燥肌の女性の肌です。

ヴァイタサイクルベールにより肌にしっかり蓋をしてくれますのでクリームに配合されています。

そのため荒れた時にだけ使用するのではなく継続使用することで最大の効果を発揮します。

肌荒れが治ったので別の化粧品に変えたところ、また元の肌状態に戻ってしまったのでディセンシアに返ってきたという話もあるそうです。

ポーラオルビスグループの自転車の製品が自社研究により開発された高品質なコスメです。品質を支えているのは一貫した自社グループということにあります。基本的に国内の様々な化粧品会社は自社研究所を持たず、製造を別会社に託しているのが現状です。

ポーラの80年以上のデータ実績から生み出されたのがディセンシアです。